ホーム » 幼稚園紹介 » 本園の教育方針

 

 

本園の教育方針

        大連日本人学校附属幼稚園

 

幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長することを目的としている。子どもたちによりよい環境を与えるために保護者、現地地域社会との連携を密にし、国際理解教育並びに健やかな成長発達を促す教育を展開する。

 幼児期の発達の特性を踏まえ、幼児の自発的活動としての遊びを大切にし、子ども一人一人の思いや願いをとらえながら「遊びを通しての総合的な指導」を行う。

 特に、体育あそびを多く取り入れ、たくましい子、明るく元気な子を育て、子ども自らが主体的に活動に取り込む中で自分で考えて行動し、協調性や他を思いやる心、心豊かな子を育成する。

 

  幼児期に育てる「心情・意欲・態度」

 5領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)を総合的に指導し、それぞれの示すねらいは、幼児が体験を積み重ねる中で次第に達成に向かい、「生きる力」の基礎となる心情・意欲・態度を育てる。

 

  幼稚園教育と学校教育の連携

 幼稚園における主体的な「遊びが学習」を中心とした指導から、小学校における「学習」を中心とした指導へスムーズに移行するために、相互の教育目標を身近に理解し、連携しつつ附属幼稚園としての特色を生かす教育を実現する。

 

<保育の重点目標>

(1)  幼児期からの心の教育

   道徳性の芽生えを培う教育

   心身の健康を培う教育

   活動に沿った環境と指導

(2)  自然体験・社会体験など、生活体験を豊かにする

   自然とのふれあいをもつ指導

   園外活動を通して社会体験指導

   園生活を豊かにし、生活体験指導

(3)  幼児期にふさわしい知的発達を促す教育

    ・ 絵本や童話、視聴覚を見たり、聞いたりしてさまざまなイメージを広げ、想像、創

造の楽しさと、数、量、形などの興味、関心を育てる。

(4)  自我の芽生え、他者を意識し自己を抑制する、という幼児期の発達の特性を踏まえて、

きめ細やかな対応を図る教育。

(5)  集団とのかかわりの中で、幼児の自己実現を図る教育。